2019年03月02日

2月21日の横須賀市原子力防災訓練についてのコメント

DSC08760.JPG

DSC08751.JPG

平成31年2月21日

本日の横須賀市原子力防災訓練についてのコメント
 原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会
共同代表 呉 東  正 彦


 2月21日の横須賀市原子力防災訓練を見学して、以下コメントします。

1、私達は福島原発事故の深刻な被害の発生を踏まえ、原子力規制委員会等が原発周辺5 キロ以内を避難区域、30キロ以内を防災重点区域として対策強化し、横須賀市も地域 防災計画を改訂したのだから、
  ・最悪の被害想定のもとで、
  ・米海軍、市民、基地従業員の参加する、
  ・横須賀市全域を対象とし、
  ・住民の広域避難、医療訓練等を含めた、
 リアルで実践的な、総合的原子炉事故防災訓練を実施を求めてきた。

2、しかし本日の訓練は、屋内退避と避難誘導を実施し、避難もありうることを説明し、 汚染検査やヨウ素剤配付説明を行った点は評価されるものの、
 ・原子力空母から、3キロ以内の、安針台と田浦小に限定された一部の人の参加のみで ・最悪の事態を想定した放射能防護の上での広域的避難訓練や医療訓練は行われず、
 ・米海軍や周辺自治体は参加していない、
 点について、変化が見られない点は、非常に残念なものであった。

3、しかし、福島原発事故で、50キロも離れている場所でも避難地区となっており、国
もそれを踏まえ原発周辺5キロ以内を避難区域、30キロ以内を重点防災区域と拡大していることに鑑みれば、全くこれは現実離れした時代遅れのものであることは明らかでこのようなダブル・スタンダートの早急な改訂なしには、迫り来る首都圏地震等による原子力空母の原子炉事故の際、私達横須賀市民が、放射能被害の犠牲になりかねない。

4、私達は上地横須賀市長に対し、国に対して今こそ緊急に、福島原発の深刻な被害の実
態を踏まえ一日も早くこの3キロという時代遅れの対策基準の『原子力艦の原子力防災マニュアル』を原発なみの10キロ、さらには30キロに拡大することを求めること、またこれまでの3┥以内の1地域限定の訓練を超えた、市内全域の市民を対象とした米軍や他自治体も参加する広域的総合的原子力艦事故防災訓練実施を求めるものである。
posted by BlogMaster at 22:00| Comment(0) | 住民投票の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

2019年を、民主主義と生活と平和の前進の年に。

2019年を、民主主義と生活と平和の前進の年に。  呉 東  正 彦

昨年は南北会談、米朝会談を転機として、日本や東アジアの緊張関係を劇的が緩和し、
平和を望む各国とその民衆の声が広がった1年でした。そして沖縄でも、圧倒的な差で、玉城新知事が誕生しました。
にも関わらず、安倍内閣は、憲法改悪を企むとともに、沖縄では、玉城知事を生み出し
た全県的な新基地建設反対の世論を踏みにじって、貴重な珊瑚礁の海に、力尽くで赤土の土砂の投入を開始しています。
 この神奈川でも、長年の粘り強い運動によって、池子横浜市域での米軍家族住宅の建設が、取りやめとなるという大きな成果がありましたが,一方で、横須賀、相模原等で基地の拡張強化が行われようとしています。
また安倍内閣は、働かせ方改革法と入管法改正によって、働く者を長時間働かせ、また
安価な外国人労働者を増加させることによって、正規、非正規を問わず、労働者の生活を根本から脅かそうとしています。
 そして法人減税や、税金を殆ど払わない多国籍企業の一方で、いよいよ10月には消費税を10%に増税し、社会保障は切り下げながら、際限なく軍事費等のムダ遣いを拡大しようとしています。
しかし皆さん、今年は4月に地方選、7月に参院選を控えた年でもあります。日々生活
が苦しくなり、貧困が社会のあちこちに見え隠れする中で、私達民衆の声で悪政を変えるために、憲法と暮らしを守る議員の議席を増やすために、まさに私達1人1人が、まわりの普通の人たちに声をかけて、一緒に行動し、投票するよう呼びかける実践をすることが求められているのではないでしょうか。
今年こそそのような草の根の民衆のネットワークを、1人1人がその結び目となって作
り上げていけば、この民主主義と生活と平和の危機を必ず乗り越えられると信じて、日々私達のまわりの人たちと、コミュニケーションや行動を広げていこうではありませんか。
posted by BlogMaster at 22:00| Comment(0) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

横須賀市の公共施設の『FM戦略プラン』と、2月16日の市民シンポジウム

190216_sympo.jpg

PDFをダウンロード

 横須賀市の公共施設の将来像についての『FM戦略プラン』の策定に向けて、現在、FM検討委員会が、第1回7月29日、第2回10月12日、第3回11月22日と開催され、次回来年1月29日午前10時の第4回が最終回となる予定です。(傍聴ご希望の方は、どなたでも、10分前までに、市役所3階302会議室前に行って下さい。)

 この間、ヨコスカをよくする会としては、横須賀の街の将来像にかかわる重大なプランなので、FM検討委員会や、市議会のFM特別委員会だけでなく、様々な形で、市民の声を聞く場を設けるよう、求めてきました。

 そしてそれを実現させるために、産業交流プラザの今後を考える市民の会との共催で8月26日午後、産業交流プラザ第1研修室にて、『こうなったらいいね 市の施設 FM戦略プランに市民の声を』が開催され、30名以上が参加しました。

 さらに、掲載のチラシのとおり、来年2月16日午後2時より、ベルクよこすか4階第2研修室にて、2回目の市民シンポジウム『こうなったらいいね 市の施設 FM戦略プランに市民の声を、パートU』を開催いたしますので、是非ご参加下さい。

 また、FM検討委員会に市民の声を反映させていくために、産業交流プラザの今後を考える市民の会との共催で、検討委員会市民委員と一緒に、FM戦略プラン骨子案最新バージョンの勉強会を、毎月1回のペースで行い、市民委員に発言してもらいたいことを託してきました。その効果もあって、検討委員会はかなり活発な議論により市民意見が反映されつつあります。

 また、FM検討委員会の中で紹介された、学校と地域住民施設が複合化された横浜市の八景小や、市内のコミセンと他の施設との複合施設である池上コミュニティーセンター等の見学会をしてみようとの意見もあります。

 さらに、産業交流プラザの今後を考える市民の会とともに働きかけをしてきた、市民交流プラザの実現については、産業交流プラザが、あと5年間経済部所管施設として継続となり、来年4月からの新指定管理者が株式会社セイウンになったのを受け、それまでに同社の担当者と、市民協働についての意見交換会をしたいとも考えています。

 これらの問題についてさらに1月8日7時のサポートセンターでの当会の例会、及び1月17日6時半産業交流プラザでのFM戦略プラン勉強会で話し合いますので、興味のある方はお気軽にご参加下さい。
posted by BlogMaster at 22:40| Comment(0) | お知らせとお願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする