2015年04月06日

『2015原子力空母交代を問う市民アクション』へのご協力のお願い

アクション表1.png

 皆さん、日本中で原発が停止していた間も、首都圏の入口の横須賀で原子力空母ジョージ・ワシントンの原子炉が稼働し続けていたことをご存じですか。
  その原子力空母ジョージ・ワシントンが今年夏に米国に帰りますが、それと交代に原子力空母ロナルド・レーガンが、9月ころ、横須賀に配備されようとしています。
  これは福島原発事故を受け、原発0が争点となっている日本で、その例外として原子力空母の原子炉が今後も稼働し続けるという、原発再稼働に匹敵する新たな提案です。
  黙っていたら、横須賀が、神奈川が、そして首都圏一帯が、この先ずっと、原子力空母の原子炉と同居し、原子炉事故におびえながら暮らすことになってしまいます。
  そこで、原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会は、以下の3本柱の『2015原子力空母交代を問う市民アクション』を5月からスタートさせます。
  ・原子力空母交代問題と、このプロジェクトを市民に知らせるリーフの市内全戸配付。
 ・市内5地区での原子力空母の安全性、防災の出前市民説明、意見交換会の開催。
  ・原子力空母交代の是非を問う1万名市民アンケートを行い、市長や日米政府に提出

  そこでみなさんへ、是非以下のご支援をお願いいたします。
1、日本中で原発停止の間も、原子力空母の原子炉が稼働し続けていたこと、今年原子力空母ジョージ・ワシントンが米国に帰るのと交代に原子力空母ロナルド・レーガンが、横須賀に配備されようとしていることを、是非まわりの人々に拡散して下さい。
2、5月10日(日)午後3ー4時中央駅前での市民アクション宣伝行動
 同日午後5時ベルク6階第1会議室の、市民アクションスタート集会にご参加下さい。
   また、原子力空母交代を考える地域意見交換会を、
  5月24日6時  原子力空母交代久里浜・北下浦地域集会 久里浜八幡町内会館
  6月 7日1時半 原子力空母交代衣笠・西地域集会 衣笠はまゆう会館
  6月14日1時半 原子力空母交代追浜・田浦地域集会 追浜コミセン(※予定)
  6月20日1時半 原子力空母交代本庁・逸見地域集会 ベルク第1会議室
  6月28日1時半 原子力空母交代大津・浦賀地域集会 大津コミセン(※予定)
 で開く予定ですので、お誘い合わせの上、ご参加下さい。
3、この市民アクションのリーフ作成と配付、1万名市民アンケート集めと集計等に多大な費用がかかります。是非この市民アクションを成功させるために、皆さんのカンパ(用紙は原子力空母・市民の会のHPより、ダウンロードできます。)によるご支援をお願いいたします。
posted by BlogMaster at 00:59| Comment(0) | お知らせとお願い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする