2015年08月15日

70年目の終戦記念日におもう。

映画『望郷の鐘	 満蒙開拓団の落日』

映画『望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』(PDF)


 今日は汐入のベイサイドポケットで、映画『望郷の鐘  満蒙開拓団の落日』を見た。

終戦の3月前に、満州に開拓団として行った長野県伊奈谷の人々、戦争という狂気の中で庶民が味わった悲劇、それを忘れた頃に、忘れた人々が、再び狂気のフタをあけようとしているのではないだろうか。

 と同時にこの映画は、満州に置き去りにされ、中国人に育てられた残留孤児たちのために活動した山本慈照さんの物語である。私は弁護士に成り立てのころ、同じ事務所に働いていた坂本堤弁護士の奥さんの都子さんの紹介で、中国人帰国者の会関係の中国残留孤児の戸籍復活のための裁判を、何件か手掛けた。しかし1件だけ、日本側の父親が否認している等のため、親子鑑定を検討中に、亡くなってしまった方がいたのが、悔いが残る。幼児のころに、親と別れ別れになったその方に、何の落ち度があったというのか。

 中国人帰国者の会の会長として、献身的な活動をされてきた鈴木則子さんも先日亡くなり、孤児たちもみな、70歳を超えている。やはりこの戦争の悲劇という原点を風化させず、残留孤児と帰国者への支援も忘れてはならないと思う。

posted by BlogMaster at 12:00| Comment(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする