2018年07月29日

8月26日1時半、市民シンポ『ーFM戦略プランに市民の声を』にご参加下さい

20180826_市民シンポ『ーFM戦略プランに市民の声を』.jpg

20180826_市民シンポ『ーFM戦略プランに市民の声を』.pdf

〔市の公共施設に関するFM戦略プラン〕
上地市長は3月市議会に、市の公共施設に関するFM戦略プランについて、今年4月ー6月に庁内で『FM戦略プラン骨子案』を作成し、7月9月11月来年1月の4回検討委員会を開催して骨子案を検討し答申を求め、来年4・5月にパブリックコメントを行い、7月にFM戦略プランを計画決定、との策定スケジュールを示しました。また市議会でもこの問題について審議するFM戦略プラン審査特別委員会が設置されました。
 この『FM戦略プラン骨子案』は市のHPでも見れますが、基本方針として、地域コミュニティー再生寄与の拠点作り、複合施設化、長寿命化、利用料金見直し、施設売却貸付、再開発連携や民間施設賃貸、リーディングプラン等の新視点はありますが、市の公共施設についてまだ市民の声が十分に聞かれているとも言えませんし、今後の検討プロセスにも市民の声を聞く場が不十分です。

〔市長への要請書と市議会への請願〕
そこで、ヨコスカをよくする会では、4月6日に市長に対して要請書を、産業交流プラザの今後を考える市民の会と共同で提出し、市民の声を十分に聞く場を設けるとともに、『FM戦略プラン骨子案』の施設シートに、各施設を継続するか、統廃合するかの方向性を書き込むのはやめるよう申入れ、市議会の特別委員会の意見もあって、その方向性は取りやめとなりました。
 検討委員会の市民委員の公募にも、広く参加するよう、呼びかけました。

 次に5月の市議会に、『FM戦略プランの策定プロセスや内容について、多様な市民の声の反映の場を設けて下さい。』との請願を提出することとなり、広く市民活動団体に呼びかけて、25団体、51名の団体所属市民、36名の市民の賛同署名を頂いて、5月25日、請願を市議会に提出しました。
 この請願は6月18日の市議会FM特別委員会で審議され、請願代表者の山城恵子さんがみなの思いを込めて意見陳述しました。しかしながら、市民の意見は議会や検討委員会が反映している、とか、市民の意見は個別施設の段階で聞く場を設ければよい、等の市側の所見を受けて、残念ながら不採択となってしまいました。

〔産業交流プラザについては今後5年間の指定管理者を公募〕
一方、去年までの流れでは、今年3月末に廃止されていたはずの産業交流プラザは、経済部所管のまま、平成31年4月から5年間の指定管理者を経済部企画課が公募手続を開始し、10月3日に候補者による公開プレゼンテーションが開かれることとなりました。そこで6月19日経済部企画課に産業交流プラザの活用提案書を提出して、市民交流プラザ的な活用を提言し、その方向に沿った指定管理者を選定することを求めました。

〔今後のヨコスカをよくする会の取り組み〕
 さらに7月30日2時ー4時にFM戦略プラン検討委員会第1回が開かれ、ヨコスカをよくする会としては、各委員に市民の声をよく聞くよう働きかけていく予定です。
 そして、8月26日(日)1時半からは、早速市民の意見を反映させる場として、市民シンポジウム『こうなったらいいね市の公共施設ーFM戦略プランに市民の声を』を開催します。
 皆さん、市の公共施設は市民のものであり、サイズダウンしながらも市民の財産として活用されねばなりません。この間の動きは一進一退のように見えますが、市民の動きによって確実に前進しています。この危機をバネにして市民のための公共施設の活用を発展させていきましょう。
posted by BlogMaster at 19:05| Comment(0) | ヨコスカをよくする会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする