2018年10月28日

原子力空母R・レーガン甲板へのヘリの墜落事故についてのコメント

 10月19日午前9時すぎ、フィリピン海上で、原子力空母R・レーガンの甲板を離陸した直後のMH60ヘリが、同艦の甲板上に墜落する事故を起こし、12名が負傷しました。そこで住民投票の会として、原子炉直上の墜落事故の危険性を指摘する以下のコメントを出しました。

2018年10月20日

原子力空母R・レーガン甲板へのヘリの墜落事故についてのコメント

原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会
 共同代表 呉  東  正  彦

 第7艦隊の発表によれば、昨日、フィリピン海上で、原子力空母R・レーガンの甲板を離陸した直後のMH60ヘリが、同艦の甲板上に墜落し、12名がケガをしたとのことである。

 原子力空母は原子炉を積んだ軍艦であり、原子炉の直上で、可燃物を多量に積載したヘリの墜落事故を起こったことが、原子炉事故に繋がりかねないという原子力空母のもつ危険性に、慄然とせざるをえない。

 また近時、米軍ヘリの墜落事故が相次いでおり、軍事的緊張状態の継続による作戦行動の過多による、整備不良や、訓練不足が、その原因として指摘されており、これは昨年連続した、横須賀を母港とするイージス艦の連続事故と共通するものであり、今回の事故でその状況は改善されておらず、さらなる事故の発生も大きく懸念される。

 米海軍に対して、今回の事故の詳細、原因、原子炉への影響、そしてこれまでに繰り返し指摘されてきた、作戦行動の過多による、整備不良や、訓練不足の改善計画が、きちんと履行されたきたのか、についての完全な情報公開と、原子力空母母港住民への説明を強く求めるものである。
posted by BlogMaster at 22:00| Comment(0) | 住民投票の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする