2014年07月05日

これでよいのか?横須賀市の施設配置適正化計画による市民サービス施設の大量廃止

市民サービス施設廃止候補リスト

市民サービス施設廃止候補リスト(PDF)


5月に発表された横須賀市の施設配置適正化計画は、10年以内に、

私達のよく利用している産業交流プラザ、ベルクよこすか、はまゆう会館、各地の小学校10校、市立幼稚園、保育園(再編)、老人福祉センター、デイサービスセンター、市営住宅、コミセン、青少年会館と青少年の家、公園プール、生涯学習センター(縮小)等を続々と廃止等するという内容で、私達の市民活動と市民生活に、多大な悪影響を及ぼします。しかも、市民参加のプロセスが希薄なまま、8月に原案決定、10月パブリックコメントというように強引に進められようとしています。これでは市長の、子育て世代に選ばれる町、人口減少に歯止めをかけるとの掛け声と、正反対の事態を招かないでしょうか。 皆さん、是非この重大な情報をまわりの方々と共有して頂き、市民にとって大切な公共施設を一方的に廃止しないよう、早めに批判の声をあげていきましょう。


→資産経営課 電話046ー822ー9617、FAX822ー7795


 参加者の少なかった市長車座会議が終わった後にも、出前トークで市民の声を伝えることもできます。


 またヨコスカをよくする会でも、この問題を今後集中的に取り上げ、特に10月のパブリックコメントにつき、意見を出す取組を進めていく予定です。

posted by BlogMaster at 23:51| Comment(1) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素案を見て驚きました。予算がないというだけで子どもや年配者の居場所を無くすというのはいかがなものでしょうか・・・
弱い立場の者が利用する場所だけがターゲットにされていくことに憤りを感じています。

この案が実行されれば人口の流失に拍車がかかり、横須賀の街が更に住みにくく不便で魅力のない街と化してしまうのが目に浮かびます。

近隣の住民や町内会にも呼びかけていき、反対の意思を市に訴えていきたいと思っています。
Posted by うみかぜ at 2014年07月16日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。