2019年05月02日

本日の原子力空母ロナルド・レーガンよりの放射性廃棄物搬出に抗議するコメント

2019年5月2日ロナルド・レーガン放射性廃棄物搬出.jpg

2019年5月2日

本日の原子力空母ロナルド・レーガンよりの放射性廃棄物搬出に抗議するコメント
原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会
共同代表呉東正彦


私達の町の中心にある米海軍横須賀基地には、原子炉を積んだ原子力空母レーガンが年間の半数ちかく停泊し、交通量の多い東京湾を出入りしています。

 原子力空母の原子炉の修理作業は、大量の放射性廃棄物を発生させ、放射能漏れや作業員の被曝事故のおそれのある大変危険な作業なので、1964年の日米間の合意で横須賀基地での原子力艦の原子炉の修理と、放射性廃棄物の原子力艦からの搬出は禁止されています。

 にも関わらず今年1月からも原子力空母ロナルド・レーガンの原子炉修理作業が、米国から600人の修理工を招いて横須賀基地内で行われ、本日午前大量の放射性廃棄物の入ったコンテナ4個が、原子力空母外の輸送船にクレーンで搬出されました。

 このことは人口の密集する横須賀基地周辺の市民と、訪れたたくさんの観光客、さらに基地従業員を放射能汚染にさらすおそれのある、大変危険なものです。

 また、原子力空母レーガンは8年前トモダチ作戦に参加して、福島原発事故の放射能を大量に浴びて、現在400人以上の元乗組員が病気となって、米国裁判所で東京電力を相手に裁判を起こしており、すでに9人で病気でなくなっているのをご存じですか?

 私たちはこの市民の安全を脅かす、危険で日米合意違反の原子力空母からの放射性廃棄物搬出作業につき、日米政府に断固抗議し、今後この作業を行わないよう求めます。
posted by BlogMaster at 22:00| Comment(0) | 住民投票の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。