2017年09月03日

8月21日の米海軍駆逐艦ジョン・マケインと石油タンカーの衝突事故について

 8月21日(現地時間午前5時24分ころ)シンガポール東方の海域で、米海軍駆逐艦ジョン・マケインと、リベリア船籍の石油タンカー、アルニックMCが、衝突事故を起こし、マケインは船尾左舷は右舷を損傷し、10名の乗組員が死亡し、5名が負傷した。
 お亡くなりになった方々、ご家族の方々に、心から哀悼の意を表します。

 1月31日には横須賀基地周辺海域で、米海軍巡洋艦アンティータムが、座礁事故を起こし、公表された事故調査報告書によれば、人的ミスによるとのことである。
 また6月17日には、石廊崎沖で、米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドが、コンテナ船と衝突事故を起こして7名が死亡し、予備調査報告書本文は公表されていないが、見張り等の不備によって、艦長らが解任されている。
 これらに引き続いて連続してこの衝突事故が起こったことは遺憾であり、米海軍艦艇の安全航行体制に根本的な疑問を抱かざるをえない。
 そして、衝突事故によるタンカーの石油への引火、火災等は発生していないが、このような衝突事故が、より過密な東京湾の浦賀水道で、同様のタンカー等の危険物積載船との間で起こったら、より重大な事態となりかねないことも懸念される。

事故は早朝に発生し、石油タンカーも30000tの大型船であって、フィッツジェラルドの事故の教訓をも踏まえて、駆逐艦マケインも、船舶用レーダーや見張りによってつぶさに周囲を監視していたのであろうから、衝突を回避できたはずであり、回避できなかったことには、米海軍にも重大な過失があるのではないかと考えられる。
アンティータムの事故や、フィッツジェラルドの事故の事故原因や再発防止対策が、同じ横須賀を母港とする第7艦隊の艦船内でも共有されていない可能性も、今回の事故の一因ではないだろうか。

 このような衝突事故がこれ以上繰り返されることのないよう、
 米海軍には一刻も早く、これまでの事故の調査報告書と再発防止体制の公表と、今回の事故原因と再発防止体制の調査、公表を行うこと、
 日本政府と横須賀市には、これまでと今回の事故の事故原因と再発防止体制の公表を、米国、米海軍に対して一刻も早く行うよう、強く申入れることを、求めるものである。
posted by BlogMaster at 18:09| Comment(0) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

4月25日の原子力空母ロナルド・レーガンよりの放射性廃棄物搬出に抗議するコメント

4月25日放射性廃棄物搬出1.jpg


4月25日放射性廃棄物搬出2.jpg

1、本日米海軍横須賀基地で原子力空母ロナルド・レーガンの原子炉定期修理によって発生した低レベルの放射性廃棄物の3個のコンテナを、12号バースの原子力空母からクレーンで13号バース停泊の輸送船トランスアトランティックに搬出する作業が強行され、同船は米ワシントン州のピュージェットサウンド海軍造船所へ向けて出航したが、危険な、しかも日米合意違反の作業が強行されたことに、横須賀市民の安全や不安を無視したものとして強く怒りを覚え、米海軍に抗議する。

2、原子力空母の原子炉プラントの修理作業は、放射性廃棄物を発生させ、放射能漏れや作業員の被曝事故のおそれのある大変危険な作業で、米本国の海軍造船所では、そのような事態が多数発生している。そして、1964年の日米間の合意事項であるエード・メモワールによって、横須賀基地での原子力艦の動力装置(原子炉)の修理と、放射性廃棄物の原子力艦からの搬出は、禁止されている。

3、にも関わらず今年1月から、原子力空母ロナルド・レーガンの日本での2回目の原子炉修理作業が、米国から600人の修理工を招いて横須賀基地内で行われた。
 そして市民の放射能に対する不安が高まっている最中、大量の放射性廃棄物が、本日原子力空母外に搬出され、放射能が周辺に拡散される状況に置かれたこと、そして日本人従業員がコンテナ搬出作業に従事したことは、明らかに日米間の合意であるエード・メモワール違反であり、市民の不安を無視し、人口密集する横須賀基地周辺の市民と基地従業員を放射能汚染にさらす危険を常態化させるものである。

4、さらに原子力空母ロナルド・レーガンは、福島原発直後原発の東方海域でトモダチ作戦に従事して、重大な放射能被曝を受け、多数の乗組員が被曝して起こした裁判も未だ決着せず、相当程度艦が被曝しており、3月2日には外務省より、別途トモダチ作戦での放射能によって汚染された廃棄物も、大量に基地内に保管されているという。

5、私たちはこの市民の安全を脅かす、危険で日米合意違反の原子力空母からの放射性廃棄物搬出作業につき、日米政府に断固抗議するとともに、市民の安全を守るべき横須賀市長に対し、日米合意の遵守を強く求めるよう、訴えるものである。
posted by BlogMaster at 23:00| Comment(0) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

4月28日の原子力空母ロナルド・レーガンよりの放射性廃棄物搬出に抗議するコメント

★DSCF1552(コンテナ搬出1604280919).jpg★DSCF1543(コンテナ搬出&抗議行動1604280917).jpg★DSCF1598(武装米軍ボート・後方に貨物船).jpg

1、4月28日米海軍横須賀基地で原子力空母ロナルド・レーガンの原子炉定期修理によって発生した低レベルの放射性廃棄物を、12号バースの原子力空母からクレーンで13号バース停泊の輸送船コースタル・ベンチャーに搬出する作業が強行され、同船は米ワシントン州のピュージェットサウンド海軍造船所へ向けて出航したが、危険な、しかも日米合意違反の作業が強行されたことに、横須賀市民の安全や不安を無視したものとして、強く怒りを覚え、米海軍に抗議する。

2、原子力空母の原子炉プラントの修理作業は、放射性廃棄物を発生させ、放射能漏れや作業員の被曝事故のおそれのある大変危険な作業で、米本国の海軍造船所では、そのような事態が多数発生している。そして、1964年の日米間の合意事項であるエード・メモワールによって、横須賀基地での原子力艦の動力装置(原子炉)の修理と、放射性廃棄物の原子力艦からの搬出は、禁止されている。

3、にも関わらず今年1月から、原子力空母ロナルド・レーガンの日本での初の原子炉修理作業が、米国から600人の修理工を招いて横須賀基地内で行われた。
 そして市民の放射能に対する不安が高まっている最中、大量の放射性廃棄物が、本日原子力空母外に搬出され、放射能が周辺に拡散される状況に置かれたこと、そして日本人従業員がコンテナ搬出作業に従事したことは、明らかに日米間の合意であるエード・メモワール違反であり、市民の不安を無視し、人口密集する横須賀基地周辺の市民と基地従業員を放射能汚染にさらす危険を常態化させるものである。

4、さらに原子力空母ロナルド・レーガンは、福島原発直後原発の東方海域でトモダチ作戦に従事して、重大な放射能被曝を受け、多数の乗組員が被曝して起こした裁判も未だ決着せず、相当程度艦が被曝しており、今回搬出された放射性廃棄物の中に、福島原発から放出された放射能によって汚染された物質も含まれているおそれも大きい。

5、この市民の安全を脅かす、危険で日米合意違反の原子力空母からの放射性廃棄物搬出作業につき、日米政府に断固抗議するとともに、市民の安全を守るべき横須賀市長に対し、日米合意の遵守を強く求めるよう、訴えるものである。
続きを読む
posted by BlogMaster at 20:54| Comment(0) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする