2016年04月29日

4月28日の原子力空母ロナルド・レーガンよりの放射性廃棄物搬出に抗議するコメント

★DSCF1552(コンテナ搬出1604280919).jpg★DSCF1543(コンテナ搬出&抗議行動1604280917).jpg★DSCF1598(武装米軍ボート・後方に貨物船).jpg

1、4月28日米海軍横須賀基地で原子力空母ロナルド・レーガンの原子炉定期修理によって発生した低レベルの放射性廃棄物を、12号バースの原子力空母からクレーンで13号バース停泊の輸送船コースタル・ベンチャーに搬出する作業が強行され、同船は米ワシントン州のピュージェットサウンド海軍造船所へ向けて出航したが、危険な、しかも日米合意違反の作業が強行されたことに、横須賀市民の安全や不安を無視したものとして、強く怒りを覚え、米海軍に抗議する。

2、原子力空母の原子炉プラントの修理作業は、放射性廃棄物を発生させ、放射能漏れや作業員の被曝事故のおそれのある大変危険な作業で、米本国の海軍造船所では、そのような事態が多数発生している。そして、1964年の日米間の合意事項であるエード・メモワールによって、横須賀基地での原子力艦の動力装置(原子炉)の修理と、放射性廃棄物の原子力艦からの搬出は、禁止されている。

3、にも関わらず今年1月から、原子力空母ロナルド・レーガンの日本での初の原子炉修理作業が、米国から600人の修理工を招いて横須賀基地内で行われた。
 そして市民の放射能に対する不安が高まっている最中、大量の放射性廃棄物が、本日原子力空母外に搬出され、放射能が周辺に拡散される状況に置かれたこと、そして日本人従業員がコンテナ搬出作業に従事したことは、明らかに日米間の合意であるエード・メモワール違反であり、市民の不安を無視し、人口密集する横須賀基地周辺の市民と基地従業員を放射能汚染にさらす危険を常態化させるものである。

4、さらに原子力空母ロナルド・レーガンは、福島原発直後原発の東方海域でトモダチ作戦に従事して、重大な放射能被曝を受け、多数の乗組員が被曝して起こした裁判も未だ決着せず、相当程度艦が被曝しており、今回搬出された放射性廃棄物の中に、福島原発から放出された放射能によって汚染された物質も含まれているおそれも大きい。

5、この市民の安全を脅かす、危険で日米合意違反の原子力空母からの放射性廃棄物搬出作業につき、日米政府に断固抗議するとともに、市民の安全を守るべき横須賀市長に対し、日米合意の遵守を強く求めるよう、訴えるものである。
続きを読む
posted by BlogMaster at 20:54| Comment(0) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

6月に各地で開かれる市民アクション地域集会に、ご参加下さい!

5地区の地域集会の先頭を切って、5月24日6時から、久里浜・北下浦地域集会が八

幡町内会館で開かれ、横須賀市危機管理課の報告の後、市民アクションの呼びかけ、参加者による意見交換が行われ、熱い意見が沢山出されました。

 これに続いて6月は以下のとおり、地域集会を開きますので、お誘い合わせの上ご参加下さい。

6月 7日1時半 原子力空母交代衣笠・西地域集会 衣笠はまゆう会館

6月14日1時半 原子力空母交代追浜・田浦地域集会 追浜コミセン本館集会室

6月20日1時半 原子力空母交代本庁・逸見地域集会 ベルクよこすか第1会議室

6月28日1時 原子力空母交代大津・浦賀地域集会 大津コミセン第2・3学習室

posted by BlogMaster at 21:23| Comment(0) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

これでよいのか?横須賀市の施設配置適正化計画による市民サービス施設の大量廃止

市民サービス施設廃止候補リスト

市民サービス施設廃止候補リスト(PDF)


5月に発表された横須賀市の施設配置適正化計画は、10年以内に、

私達のよく利用している産業交流プラザ、ベルクよこすか、はまゆう会館、各地の小学校10校、市立幼稚園、保育園(再編)、老人福祉センター、デイサービスセンター、市営住宅、コミセン、青少年会館と青少年の家、公園プール、生涯学習センター(縮小)等を続々と廃止等するという内容で、私達の市民活動と市民生活に、多大な悪影響を及ぼします。しかも、市民参加のプロセスが希薄なまま、8月に原案決定、10月パブリックコメントというように強引に進められようとしています。これでは市長の、子育て世代に選ばれる町、人口減少に歯止めをかけるとの掛け声と、正反対の事態を招かないでしょうか。 皆さん、是非この重大な情報をまわりの方々と共有して頂き、市民にとって大切な公共施設を一方的に廃止しないよう、早めに批判の声をあげていきましょう。


→資産経営課 電話046ー822ー9617、FAX822ー7795


 参加者の少なかった市長車座会議が終わった後にも、出前トークで市民の声を伝えることもできます。


 またヨコスカをよくする会でも、この問題を今後集中的に取り上げ、特に10月のパブリックコメントにつき、意見を出す取組を進めていく予定です。

posted by BlogMaster at 23:51| Comment(1) | 呉東正彦の提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする